アフィリエイトサイト運営の流れ

アフィリエイトサイト運営と収益までの解説

 

ここではアフィリエイトサイト運営に関する情報を提供します。運営をして収益までの流れに関して焦点を合わせた解説となります。

初めてのアフィリエイト運営・法人のサブ収益目的としてのアフィリエイト運営の為の解説をします。

こちらの情報は「アフィリエイトサイト制作」で活用頂けるものです。

 

収益を得るイメージは長期戦略で他者と差別化

 

アフィリエイト運営者は成功者(月収益100万円~1億以上)と敗退者との違いとはなにか、どうして成功者は延々と成功したまま稼げているかに関して解説します。

最後まで読んでいただくとその理由が大体理解できるはずです。

アフィリエイトが法人、一部の個人が圧倒的に稼げている理由は日々参入してくる新参のアフィリエイターが早い段階で失敗改善をしないまま、退場していくためです。

多くが成功して辞めていくというよりも軌道に乗る前にサイト改善をしないままで閉鎖していくという部類の数は増えていく一方なので、こちらの情報だけがネット上に増えていくのは当然だと考えられます。

その一方で、何年も売り上げが上下しながら延々と利益を得ているアフィリエイターは不動のままです。

アフィリエイトをするなら収益を得る側にならないとやる意味は無いと考えて運営したほうが良いです。

 

収益レベルは上位レベルでは月額100万円~1億円超まで

 

収益は各ASPごとにランキングを公表していますので、いつでも一般公開しています。最上位は年間収益が1000万円超えになっていることで法人化している方が多いです。

 

A8ネットASPの上位売り上げ

A8売り上げ上位

©A8

 

SEOのみで短期計画だと成果が出ない事が多い

 

アフィリエイトでは成功と失敗(売り上げ低)がハッキリ出やすいのが特徴です。その理由は成功事例は分かっていますが、実行できないためです。

検索エンジンからのアクセス流入をメインとするには長期的な運営が求められます。

半年~1年では検索エンジン評価が低いためこの期間は売り上げを期待しても上がりにくいです。なのでこの期間で売り上げを求めると無理が出ます。

短期間で利益を出すにはあらゆる方法を使ってアクセスを増やすしかありません。

成功するための正しい情報は全てではないですがネット上でも与えているサイトがありますが実行する、それを継続することが難しい事から特に資本力の無い個人に挫折が多くなっています。

では収益を現時点で上げている運営者の共通した特徴に関して記載します。

 

  1. SEO・SNSでのアクセス向上に半年以上かかる
  2. 記事数は数では200以上
  3. 記事質を向上しながら200以上継続追加
  4. 広告への誘導技術・視覚の最適化
  5. コンテンツと広告の共通性
  6. 有料広告との併用による誘導安定
  7. サイトアクセスの上昇・安定

 

成果が出ない理由はハッキリしているけれど退場する

 

アフィリエイトサイトを運営していくと当初はアクセスが日に10以下、やがて50前後で推移する所まではセオリー通りやっていけば誰でも達成できるものです。

次の日に100以上達成での安定、100超えで日に1000以上、1万PV以上になっていくには理解をして運営していく必要が出てきます。

成果が出ない理由はアクセスが無い事に集約されるのでSEOを施して検索エンジンから流入を進める事に注力し、流入が得られればサイト改善、有料広告も含めて伸ばしていきます。

特に厳しいのが資本のない個人のアフィリエイト運営です。スタートページをプロに依頼したとして、もしくは全部自分でやったらなおさら最初のチューニングも問題があればサイト改善も含めて全て正しい事をしないと競合と戦うには不利です。

サイト、キーワード解析など実力がある個人であればSNSの活用も含めて伸ばしていきますが、サイトが問題改善されていない、SNS活用もない、記事も人気が無いとアクセスは延々と10~30人しか来ないというままで1年目を迎えてサイト閉鎖、売却で終了というのはよく見られます。

 

失敗例はほとんどアクセス不足

アフィリエイトのやりかた

 

アフィリエイトのサイト制作を通じて運営者の納品後を見ていると成功者の意見で共通している事が多いので、スタートしてすぐから1年~2年は似た道を進みます。

ここを無視して悲観していると成功は絶対ないと言えます。

法人がアフィリエイトに参入して大きな収益を上げている事も多い理由として法人はメインの事業をしながら、専門スタッフを置いて長期的に毎日サイト更新と改善と最適化を進めていく事が出来る事も影響していると考えます。

 

スタート1年間にやる事をやれるかどうか
多くが失敗するのが1年以内に悲観してやめてしまうことです。売り上げが高い上位では2年、3年とサイトを育ててきた方が大半です。どれだけノウハウを持っていても数か月とかでアクセスが数万以上集まられる事は少ないです。既に大きな集客を出せるSNSを持っていたりリスティングが出来れば別ですがゼロスタートでSEOのみで行くなら時間が必要です。検索エンジン対策を無視する事は出来ません。

 

アクセスはスタートサイトはゼロ~10人程度から

 

アフィリエイトサイトで収益を上げている多くのアフィリエイター共通の事。それはアクセスです。経験者なら心当たりはあるでしょう。

新しいスタートページはPNG送信だけ、SNSで告知をしても、よっぽど時勢に合った話題でなければせいぜい日に1記事で50人も来れば良い程度。

数か月以内で記事数が少ないままだと日に100人以内でしょう。

検索エンジンだけのアクセスで売り上げを得たいと思えば日に1000人以上得るためには半年以上、多くが1年以上かかるまでアクセスの挙動に変化が出ません。

Google検索エンジンの評価方法が現在は記事の質と信頼性を高度に解析してみているので小手先の手法が通用しなくなっています。なので初心者でもプロでもスタート時点からすぐは公平にみんなアクセスを得られません。

 

アフィリエイトサイトの1年~2年の運営方法

アフィリエイトのやりかた

 

記事数を100以上まで追加し続けていくという情報は多く出されていますが、上位売り上げアフィリエイターの場合それだけではないです。

記事数が少ないと評価自体しようがないので検索エンジンに優遇されないのは言えますが記事内容が同じようなものばかりで、構成も良くない、文字数も多すぎるとか少なすぎるとか、スマホで見にくいとか内容が浅いとかだと数が多くても評価は上がりません。

アクセスが多くなれば広告を掲載したら効果があがりますが、更に上げるためには広告の掲載方法や、記事から広告に誘導する手法に差が出ます。

広告の掲載方法でかなり差が出るのは当然の事で単にバナーを掲載しただけでは、バナーの存在すら意識しなかったり他サイトに移動できると気づかない事もあります。

 

記事ごとの内容・広告との連携の最適化

 

個人一人で運営する場合は記事の最適化のスキルが付いてくるとそれを全記事に適応していく作業を記事が増えたら行う事は重要な事です。

法人などで複数、大量の記事を扱う時に外部ライターを使う時にも注意で、記事の構造は異なっている事もあるので優秀なライティング校正が出来る(キーワード解析含む)スタッフで行う事が推奨です。

記事の文字数は1000文字程度でも評価が高くなることはありますが2000~4000文字以内が高評価と言われます。特に最近はスマホを重視したほうが良いのでスマホでモニタリングして見やすいか、文字数は多すぎないかを考慮したほうが良い傾向です。

スマホも複数の機種を用意してモニタリング(プレビュー)確認をしたほうが良いです。

最適化を進めていくとタブレットでもPCでもスマホ(画面の大きさの違いがあっても)でも快適に読める記事が仕上がります。

Googleの解析は各デバイスでの表示がどうかも評価対象となるので無視は出来ません。

 

リスティング・SNSだけに頼らない状態に

 

広告・記事が同化して読者が読みやすくて情報がきちんと得られる状態ならそのまま自然と広告に移動していきます。同化しているのが見えない、意識されない記事が好まれます。

広告を一切掲載していない濃厚な(文字数3000~6000)記事と、広告と記事が同化した収益化ページをサイト全体で分けて上手に評価を得ていく構造を作れば幅広いページが検索結果に出てくるようになるので理想です。

収益化ページが3割、コンテンツのみの濃厚ページが7割、完全広告(まとめページとか業者ランキングとか)の収益ページがわずかにあって、読者が飽きず、収益に上手につながる構成を構築するには必然的にページ数が100以上になるでしょう。

そういう意味で100記事以上というのは正しいと言えますが、同じような薄いコンテンツが100記事あっても収益につながりにくいという事でもあります。

内容が薄いコンテンツページが100あるなら、濃厚ページと広告収益ページがその倍あるという事でないと収益化にはつながりにくいという事を意識したいです。

 

純SEOアクセス+SNS+リスティング

 

純粋にSEOだけでアクセスが上昇した後では、広告収益も上がるのでその収益をリスティングに使って高単価広告を集客したり、SNSでも集客をして更に収益を上げていく回転が効果を更に上げていきます。

資金を投入すれば1ページであっても(LP)収益は当然上がりますがサイトの評価を考慮していって、SEOで出来るだけ経費をかけずに純利を得るならSEOは無視できません。

特に個人、法人のサイドビジネスなら純利が高いほうが良いはずなので、サイト、記事の最適化に注力していくのは大事なことです。

 

おすすめの記事