ホームページ制作の価格が各社違うのはどうして?

ホームページを制作料金が全然違う理由を知りたい

 

いざホームページを制作しようとすると初めてだと疑問が出てきますね。それもそのはず・・・・ホームページの制作代金が激安だと数万円から数十万まで。値幅がかなりあるので検索をして色々見ていると何が違うのか、逆に高い場合は利点がかなりあるのかそもそもどういう仕組みで価格が決まるのか?気になる方もいると思います。

そこでホームページを制作する業界の長い著者がホームページ制作代金について書いてみます。ホームページは0円でも作ろうと思えば作れるので0円と100万円の違いは何なのか?についても理解するヒントになれば幸いです。

 

ホームページ(WEB)代金の違いは人件費が大きい

 

ホームページも自動的に制作される「無料」の誰でも同じような枠組みのサービスなら複製していくだけなので人件費は制作自体にはかからず無料ホームページだけを使っているとどうして無料で出来るものが高額になったりするの?と感じるのかもしれません。そもそも無料で生成して使う無料ホームページで目的が達成できるのであればそれを使えば良いので。ではどうして有料のものを使うのかということですが

「ビジネス用途」「集客用途」「事業紹介用途」など将来に繋げるものを公開しようとすると無料サービスでは無理が出てくる点が大きいでしょう。無料で使えるサービスは単体で目的が合えば使い勝手も良いものなので使ってほしいですがビジネス用途で公開するとなるとかなり考えていかないと売り上げに繋がりにくいので有料でホームページを制作する時には種類は違えども内容を専門的に構成して制作します。

言いにくい事ですが素人の方が現存サイトをコピーして販売していたり、単にデザインされたものを少し変えて販売している事があるのですが「デザインだけそこそこで良い」と理解していないと「安いから」だけではビジネス用途としては物足りません。価格差はこの辺りにも出てきます。人件費が関係していると前記しましたがここがポイントです。

 

各社・グループで独自のノウハウがそれぞれある

 

ZAKWEBで現在活動している著者ですがWEB系で法人、グループで知人が結構います。それぞれ古くから専門的な技術を持っていて属している法人やグループで得意な分野があります。例えばZAKWEBは総合的に平均してデザイン、コーディング、SEOと満遍なくノウハウを持っているし特にWEBライターが実績が多い事もあってホームページを制作する時の文章の構成が検索エンジンに拾われやすいようにかなり細かくクライアントごとに解析をしたり、関連ワードを掘り起こしています。

そうした文言を絡めながらホームページの各ページのテキストを構成したりするのです。単にホームページを作っているだけに見えて納品された方が普通に公開しているだけでビジネスで競合より「有利」になるように
ホームページの裏側をチューニングしています。こういう細かい所がアマチュアとプロの差の一つです。例えばA社の場合どちらかというと斬新なデザインが得意。他社では中々追従できないほどのデザインを専属のデザイナーが描き出しています。

デザイン重視のパターンです。デザイン重視だと例えば有名アーティストとか、エンターテイナー系では重宝されます。というよりもデザインが最重要です。対して製造業とかだとこういう奇抜なデザインは好まず見やすく整然としていてテキスト主体ですよね。なので制作会社によってメインの顧客が異なったりします。SEOに強いのか、デザインに強いのか
デザインにもそれぞれ個性があります。価格差はこうした構成物、制作内容に関わるエンジニアやクリエイターの人件費も大きく関与しています。

 

企業向けの法人か、個人主体の運営かでも変わる

 

制作代金は常に大企業向けに仕事をしている場合、高額になる傾向にありますがこの理由は価格重視よりも納期、安定といった違う価値観もあるため価格だけ重視していないことも影響しています。Wordpressの設置だけで10万円、設置とページ10ページで70万円を超えるといった個人と個人のクラウド系のやり取りだと高額と感じるプライスでも法人間では珍しくありません。

県のホームページなどの委託価格なども機会があれば調べてみるとわかりますが個人間の価格設定より高い傾向にあります。安定感、納期、内容がどちらかというと奇抜なものではなく価格ありきで取引をするというイメージです。専門的になりますが経費を使って委託する事が多いので少し個人間の取引とは感覚が違うかもしれません。

ネット上にあるホームページ制作で非常に高額なものはそれなりに理由があると思って良いです。需要があるので存在しているはずなので価格が見合わないと思えば他を探せば良いという事です。

 

ホームページ制作料金の内訳とは

 

ホームページ制作の内訳は

 

  • ホームページ制作に必要な経費
  • デザイン料(コーディング含)
  • 構築(システム開発がある場合含)
  • チェック(動作チェック)
  • ページ制作(ライティング含)

 

といった複合的な構成になってきます。規模が大きくなれば価格も比例、システムが必要なら開発費が乗ってきます。なので数万円から数百万円と値幅が生まれてきます。

 

激安ホームページのカラクリを知りたい

 

ホームページ制作は自由競争ではあるので個人でも法人でも自由にサービス展開が出来ます。ただ、激安数千円などのサービスと数十万円のサービスでは同じ内容であればお得ですがそれは難しいですよね?ではその違いはどこにあるのか?を知っておけば目的に応じて選べるはずです。結論から言うと激安ホームページでも用途に合致するなら問題は無いと考えています。ただ選んでしまうと損をする事もあるのでそのあたりはお伝えしないといけないかなと思います。

注意したほうが良いホームページとは

 

最も注意すべきはコピー商品です。なぜなら検索エンジンが他にネット上にあるホームページと同じと判断する為です。予算で選ぶべきで、目的と予算に合っていればどこの業者さんで注文しても満足するはずですがコピー商品だけは損をするので注意したほうが賢明です。特に問題となるのがテキスト部分です。論文のコピペ禁止というのと同じで

ホームページは通常著作権で守られていますので他人のホームページをコピーしてはいけません。コピーしたり複製して良いのは著作者が許可している場合です。画像などが有名ですが著作フリー、ホームページ制作に使って構わないといった画像、動画などは規約を守って使っても問題ありません。

しかし許可なく複製する事は禁じられていますね。所が制作者がオリジナルで制作したホームページをそのまま複製して数十、数百と販売している事があります。アフィリエイトサイトなどで見られる事があり、こうしたホームページはリスキーです。検索エンジンにコピーとみなされると検索結果に出てこないという事になりかねません。なので激安の中でもコピー品は敬遠したほうが良いでしょう。

 

個人制作に依頼すると激安で出来る事がある

 

例えばココナラ、クラウドワークスといった個人間で取引が出来るサービスで依頼すれば安くホームページが制作出来る事があります。ポイントは各クラウドサービスを介した取引なのでもしもこうしたサービスが閉鎖すれば取引できなくなるという問題、相手が見えないので突然連絡が取れなくなるといった問題はあります。

サービスを提供している業者が介入してくれるので過剰な警戒は必要ないですが個人間の取引となると少しリスクは考えたほうが良いかもしれません。一度納品されれば一般のホームページ制作と同じなので価格重視の場合こうしたサービスの活用も良いでしょう。参考資料を含めて資料が限定されてくるのとプロのスタッフの連携は無い事があるので事前に打ち合わせをして間違いない結果を得ましょう。

 

結論:目的に応じて制作依頼する相手を決める

 

ホームページの形態、制作を受注する業者が余りに増えた事でお客様の選択肢は無限に増えたとも言えます一方で多くなりすぎて迷ってしまうという事もあるでしょう。選択肢が多い事は絶対的に利点なのですがそれぞれ制作会社、制作業者によって得意分野が異なっているので重視する箇所を決めてそこが得意な業者を選ぶと結果的に満足するはずです。

 

0円で作れるホームページと数十万以上のものとの違いは?

 

ネット検索すればたくさんでてくるホームページ制作。ソフトを使って初心者でも自分で作れるものもあります。ソフトを買えばほとんどお金もかかりません。こうしたホームページも目的が合えば有効に使えます。安いから否定するのではなく目的によってだと考えてどういう理由かを理解しておくと良いです。例えば以下のような目的なら内容は一旦拘らなくて良いでしょう

 

  • とりあえず「ホームページ」を持ちたい
  • 名刺にアドレスを書いて見せたい
  • 「存在しているだけ」で問題ない

 

こういった場合はホームページの内容は度外視できます。アクセスした時にトップページが表示されれば良いし、そこそこ綺麗なデザインで存在してくれればホームページを持っている事実は確認できるはずです。なのでSEO対策、売り上げ、集客といった何かしらの将来的な発展の為にホームページを活用する用途でなければ拘らずにホームページを用意する事を重視すれば良いのです。

 

ビジネスに直結するならそれなりの内部構造を

 

逆にホームページをビジネスの軸とする目的であれば

 

  • 自社・商品に関してしっかり説明したもの
  • SEOテキストを含めた構成で検索エンジン対策
  • 画像・デザイン等を駆使してイメージ戦略
  • SNSとの連携、拡張をして見込み客の取り込み
  • SNS→LP、リスティング→LPなどの戦略

 

などなど戦略的に使うホームページは安価でTOPページ重視ではなく中身の練り上げられたものが有利でしょう。ホームページの価格はこうした要素でも異なってきます。要素が充実するには制作スタッフ、納期がかかるため価格に反映してきます。正当な料金という事です。高度な技術を投入したホームページは初期投資、サポートや開発、開発修正が必要だと更に別に経費がかかります。こうした違いがあります。

 

従来のホームページとWordpressの違いは

 

過去10年以上前に遡ると通常の静的ホームページから現在主流となりつつあるCMSでのホームページへと主役が変わりつつあります。従来のホームページでも問題なく稼働していますので悪いわけではありません。ワードプレスも一見すると昔のホームページと見分けがつかないコーディングをしているものもあります。CMSは管理人室からページの追加、修正が行えたりある程度のデザイン編集が行えるものなので大きな括りで考えたら同じホームページです。

管理代行を外注するようなケースでは自分で編集したりページを増やしたりは無い事なのでこういう場合は違いを意識する事も特に必要ありません。管理代行を使わない場合にはCMSベースにしておくと自分で編集作業が行えるので便利です。CMSはテーマによって利便性もデザインも大胆に変わります。CMSに関しては解説する事柄が多い為別の項で詳しく解説します。

 

 

おすすめの記事